株式会社フラスコ

〒793-0010 愛媛県 西条市 飯岡 字 岸之上 3743-2

TEL.0897-56-7482 FAX.0897-56-6534

製品

ABS製ケースの試作

%253D%253Fiso-2022-jp%253FB%253FQ0lNRzA3MjMbJEIlaiU1JSQlOhsoQi5qcGc%253D%253F%253D-770662[1]

%253D%253Fiso-2022-jp%253FB%253FQ0lNRzA3MjEbJEIlaiU1JSQlOhsoQi5qcGc%253D%253F%253D-772700[1]

ABS樹脂のブロック材から切削加工にて製作しました。
本体側面のV溝に、蓋のツメがパチンと嵌まる構造ですが、
金型成形ではなく、形状は全て機械加工です。

MCナイロン ローラー

あらゆる種類の樹脂加工の経験があります。
材料調達から 特殊加工まで可能です。
切削工具も 社内で制作します。

Image008-728986[1]

SUS部品

画像+300[1]

SUS316Fの 熱交換器の管板です。
かなりの段差があるので特別に設計した工具を使って製作しています。

Ti(チタン)ピン切削

画像+454[1]

チタン製段付き 基準ピンです

要求公差は10μ 1個のオーダーですので

汎用旋盤にて対応しました。

あしゅら男爵(古い?)

A の文字と B の文字。
実はひとつのブロックの向う側とこちら側です。

%253D%253Fiso-2022-jp%253FB%253FQ0lNRzA5MTEbJEIlaiU1JSQlOhsoQi5qcGc%253D%253F%253D-741141[1]

%253D%253Fiso-2022-jp%253FB%253FQ0lNRzA5MTAbJEIlaiU1JSQlOhsoQi5qcGc%253D%253F%253D-742174[1]

ワイヤーカットにて二つの加工プログラムを同時に制御しました。

アルミ加工

特殊樹脂製品用金型の一部分です
(当社構想設計でお客様承認済みです)

画像+422[1]

これからトライアウトを重ね 進化してゆきます。

画像+423[1]

だだの円筒の一体削り出しの様に見えますが・・・
第ニ弾にご期待下さい

アルミ素材の超高速加工

DSC00238[1]

アルミのボールエンドミルによる型加工です。
頂角にある0.5◇の高さは各々微妙な寸法指示で仕上げています。

DSC00239[1]

おなじみアルミの型加工

%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F+295[1]

ケーシング部品でしょうか、1個のオーダーでした。

画像+294[1]

量産になると当然 ダイキャストになるんでしょうね。

お宝修理依頼

地元の老舗酒造メーカー様より長年使い慣れている押し切りの修理依頼がありました。

%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F+239[1]

取手付きの刃の部分がグラグラで長年愛用していたが使用できないとの事、
分解してみるとトーションばねや調整用ストッパー等、結構メカニックな構造です。

ふと銘板を見るとKONISIROKU YOKYOの文字が
もしかして日本の写真の元祖、小西六
現在のコニカ・ミノルタの前身?

%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F+240[1]
修理後は御覧の通り気持良いほど切れます

大正か昭和初期の物か今のモノと違ってしっかり作られています。
当時は、さぞ高価なモノだったのでは・・
でも良いモノを大事に永く使う事はいいですね。

キュービックフランジ

%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F+275[1]

SUS製の六面異形のキュービックフランジです。
最初、重かった材料も御覧の通り完成するとほとんど切粉となり軽くなってしまいました。